京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年12月06日

Netflix話題ドラマ「ナルコス:メキシコ編」メキシコの麻薬戦争

映画『天国の口、終りの楽園。』『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のディエゴ・ルナが、Netflixの話題のテレビシリーズ「ナルコス:メキシコ編」について、11月27日(現地時間)、ニューヨークのAOL開催イベントで語った。

ナルコス メキシコ編 DVD』は現代メキシコの麻薬戦争を、独立した数多くの中小の麻薬組織が乱立していた1980年代前半にさかのぼって描く。当初は『ナルコス』のシーズン4として企画されていた。『ナルコス』のシーズン1から3がコロンビアの麻薬戦争を扱っていたのに対し、本シリーズはメキシコの麻薬戦争を描く。 コンドル DVD 

大ヒットしたNetflixのテレビシリーズ「ナルコス」と、今作「ナルコス:メキシコ編」との関係性について、異なったシリーズではあるが、相互補完的な関係性があるとディエゴは語る。「当時の麻薬問題は今日の麻薬問題とつながっているんだ。『ナルコス』シリーズでのパブロ・エスコバルの話は、逸話的なものだけど、ほとんどの人はパブロ・エスコバルという麻薬王を知っている。彼に関するドキュメンタリーや長編映画も製作され、多くのコンテンツがもともとたくさんあるんだ。一方で、1980年代のメキシコの麻薬に関しては、ほとんどの人は知らないと思う。この1980年代に招いた混乱(麻薬問題)を、今もメキシコは抱えているんだ」ジャック・ライアン シ DVD

 また、ディエゴが演じるフェリクスという人物については、「彼は(牧場のある)田舎町出身だけど、とても洗練された男だと思うね。最初に彼はビジネス界に関わりたいと考え、メキシコの権力者に近づいたり、政治家の隣に座ったりして、やがてアメリカ市場に麻薬を提供するビジネスを行っていく。彼は、これまでの『ナルコス』で描かれてきたキャラクターとは全く似ていない人物でもあるんだ」




Posted by cukiya  at 16:14 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
cukiya