京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年08月01日

桐谷美玲主演「リベンジgirl」感想と評価

「リベンジgirl」の完成披露舞台挨拶が、本日12月7日に東京・丸の内ピカデリーにて開催され、桐谷美玲、鈴木伸之(劇団EXILE)、清原翔、佐津川愛美、竹内愛紗、監督の三木康一郎が登壇した。
リベンジgirl DVD」は、東大卒でミスキャンパス1位に輝く美貌を持ちながら極度の性格ブスである宝石美輝が、大失恋をきっかけに女性初の内閣総理大臣を目指すラブストーリー。

この作品の演出を務めたのは、2016年に『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』、2017年に『覆面系ノイズ』を公開した三木康一郎監督。ママレード・ボーイ DVD

三木監督の映画デビュー作品は、2012年の『トリハダ 劇場版』、第2作は2014年の『トリハダ 劇場版2』と続きます。

その後、2016年に第3作の『のぞきめ』と、初期の3作品はホラー映画でした。

その三木監督がラブコメディに挑んだのが『リベンジgirl』です。悲しみに、こんにちは DVD

以外に思われるかもしれませんが、ホラーとコメディは紙一重でもあるジャンルなので、三木監督のストーリーテリングはお手のモノに感じました。

もちろん、展開上でツッコミはない訳ではないのですが、コメディ映画にそれは野暮な話、けっこう笑って泣けもしますよ。




Posted by cukiya  at 16:18 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
cukiya